院長コラム

福岡市南区|ふくだ内科循環器・糖尿病内科

メニュー

カテーテル治療(冠動脈形成術)後に知っておきたい知識 冠動脈疾患 | 動脈硬化

 

「カテーテル治療で無事退院した」そんなあなたに読んで欲しいコラム

 狭心症に対してカテーテル治療が終わったあなたは、主治医からも“手術はうまくいきました”と説明を受けるでしょう。 説明に同席した家族もほっとしていると思います。しかし、“手術はうまくいった”と“治った”は違います。

決して安心してはいけません。もちろん、日本のカテーテル治療レベルは世界トップレベルです。個人的にはカテーテル治療のような細かな治療を日本で受けられることは、それだけで幸せなことと考えています。

問題点1:どんな名医が治療しても、治療後の再狭窄は0にはなりません。決められた薬を毎日内服することは勿論、狭心症の再発を疑えば必ずニトログリセリンを舌下してください。

問題点2:カテーテル治療はあくまで、局所治療です。 治療していない場所にも、必ず動脈硬化があり今後狭心症になる予備軍があります。 予備軍が進行しないように、狭心症や心筋梗塞の原因(高血圧や悪玉コレステロール高値)を引き続き治療することが重要です。

  これから先、動脈硬化の進行させないために

 

動脈硬化の進行を防ぎ、動脈硬化の原因となる高血圧、糖尿病、脂質代謝異常(悪玉コレステロールが多い)、喫煙の治療で動脈硬化の進展を少しでも抑えましょう。そのためには、生活習慣の見直し、適度な運動と食生活を整えることが何よりも重要です。

 

  治療にも行う検査

 

✔︎冠動脈造影 ・冠動脈CT

カテーテル治療後6-9ヶ月後に確認の造影検査を行う施設が多いようです。治療した部位に再狭窄がないか検査をします。

約10%前後に再狭窄がみつかり、再治療となります。確認造影で再狭窄がなければ、その後は定期的にカテーテル検査はしません。(ケースバイケースです)最近は冠動脈CTの発達で、CTで評価する施設も増えています。

✔︎心電図および運動負荷心電図 

特に運動負荷心電図は、重要な検査です。胸痛がはっきりしなくても、心臓が酸素不足になっていることがわかることがあります(虚血の証明)。我々の目標は、心臓病があっても適度な運動をしてもらうことです。運動ができるかどうかの評価は欠かせません。

✔︎心臓超音波(エコー検査)  

 


 
心臓カテーテル治療の手順・使用されるステントについて 

Balloon angioplasty procedure with placing a stent

わかりやすくいえば、カテーテル治療は以下の手順で行うことが多いです。

1:血管の狭い箇所に、ワイヤーを挿入する

1:狭い箇所に、バルーン治療を行い、血管を広げる

1:血管拡張した場所に薬剤溶出性ステントを留置し、その後再度拡張する。

薬剤溶出性ステント

    メリットは再狭窄が大きく減る

 

従来、カテーテル治療後の再狭窄が30%と言われていました。再狭窄をおこすと、治療した場所が再び狭くなり狭心症が再発します。薬剤溶出性ステントは、再狭窄が劇的に減少することから主流になっています。ステントに、再狭窄をおこさせない薬がのっています。非常に効果的ですが、薬がのっていることで、冠動脈内皮の本来ある被覆化が遅れることから、抗血小板療法(血をさらさらにする薬)が2種類、カテーテル治療後一定期間併用で内服して頂く必要があります。バイアスピリン・プラビックス(もしくはエフィエント)の2剤が多いようです。一定期間、抗血小板療法を単剤に減量します。
 

    デメリットは、2種類の抗血小板薬が一定期間必要なこと

薬剤溶出性ステントの問題点は、ステント内血栓症です。ステント内血栓症とは、ステント留置後に血栓が湧いてしまう状態で、多くは心筋梗塞となり、発症すると3人に2人は致死的経過を辿ります。そのため、抗血小板薬を自己中断しないように注意が必要です。特に治療後3ヶ月以内の中止は,特にステント血栓症のリスクが高いです。
薬剤溶出性ステント(DES)は第2世代、第3世代と呼ばれるステントが登場し、第1世代よりもステント内血栓症が減っています。今後さらに改良されたステントが出現することを願っています。

 

抗血小板薬による胃潰瘍のリスク

抗血小板剤2種類の内服により、胃潰瘍リスクは上昇します。抗血小板剤2種類の処方期間は、胃潰瘍予防の胃薬 (プロトンポンプ阻害薬)をで処方することが多いです。アスピリン潰瘍予防として保険適応があります。

#冠動脈形成術#心臓カテーテル治療#カテーテル治療#PCI

お問い合わせ
tel.092-552-1122
診療日カレンダー

受付時間 / 午前 8:30 - 12:30 午後 13:30 - 17:00
休診日 / 日祝祭日・土 午後

〒811-1362 福岡県福岡市南区長住2丁目1-11

アクセスマップ

バスでお越しの方

天神から / 52・55・152番
博多駅から / 64・65・67番
福大病院から / 64番
大橋から / 2番

※長住2丁目バス停 徒歩1分

詳しく見る
文字サイズ
普通
大きく
PAGETOP