院長コラム

福岡市南区|ふくだ内科循環器・糖尿病内科

メニュー

抗凝固療法:新しい抗凝固薬とワーファリンの違い 不整脈(心房細動) | 脳卒中

抗凝固療法は、主に心房細動の脳梗塞予防目的に使用します。

(厳密に言えば心房細動・肺塞栓・静脈血栓・弁置換や一部の人工血管術後に処方します)。

抗凝固療法といえば、最近まで のみ薬はワーファリン、点滴薬はヘパリンだけでした。現在は、ワーファリン以外にも4種類の抗凝固薬が処方できるようになりました。それぞれのメリットがあります。個人的には選択肢が増えることは良いことと思います。ただし、弁膜症に対する機械弁手術後・腎機能が高度低下している場合はワーファリンしか使用できません。

 

  ワーファリン

                                    

長所

✔︎以前から使用されており実績がある

✔︎薬価が安価である(ワーファリンは3mgとして月259円•4週間処方3割負担)

✔︎腎臓が悪くても使用できる

 

短所

✔︎採血をみながら微調整が必要である(PTーINR)

✔︎他の薬剤との相互作用が多い(薬の追加や減量でINRが増減する)

✔︎ビタミンK摂取で効果が減量する(クロレラ・納豆の摂取は控える)

✔︎増量・中止してもPT-INRが変動するまで数日かかる

 

  非ビタミンK阻害経口抗凝固薬

 

NOAC: Non-vitamin K antagonist oral anticoagulants/DOAC: Direct oral anticoagulant

 

ワーファリンと長所短所が逆になります。2011年以降に発売されたこれらの薬剤は、食べ物に禁止がありません。また、薬剤によってはワーファリンと比べ脳梗塞予防効果が強く、出血リスクが少ない報告もあり患者背景をみて最適な薬剤を選択します。

最大の問題は薬価かも知れません。具体的には2016年2月リバーロキサバン15mg 1錠545.60円であり、

4週間処方3割負担で月4910円かかります。NOACの個々の薬剤については下記参照してください。

福岡市内心臓血管循環器名医

私の中での判断基準

 

従来、抗凝固薬は唯一ワルファリンのみでした。現在はワーファリン以外の薬剤が4種類出て、選択肢が増えました。どのような内服薬を検討するかは、体重、腎機能、病状、他の内服薬から総合的に判断します。
CHAD2スコアやHAS-BLEDスコアの点数も重要視しています。
CHAD2スコア
心房細動は、動悸がでなくてもCHADsスコアが2点以上あれば抗凝固療法を開始します。患者さんの状態を見た上で、1点から
抗凝固療法を開始することがあります。
心不全の既往:1点
高血圧(治療中):1点
75歳以上:1点
糖尿病(治療中):1点
脳梗塞(の既往):2点
CHAD2スコアは上記の点数の合計を算定。スコアが高ければより脳梗塞リスクが高い。

HAS-BLEDスコア

高血圧
腎機能/肝機能障害 脳卒中
出血傾向
I NRコントロール不良
抗血小板剤やNSAIDSの使用

 

個々のNOAC(DOAC)の特徴

 

お問い合わせ
tel.092-552-1122
診療日カレンダー

受付時間 / 午前 8:30 - 12:30 午後 13:30 - 17:00
休診日 / 日祝祭日・土 午後

〒811-1362 福岡県福岡市南区長住2丁目1-11

アクセスマップ

バスでお越しの方

天神から / 52・55・152番
博多駅から / 64・65・67番
福大病院から / 64番
大橋から / 2番

※長住2丁目バス停 徒歩1分

詳しく見る
文字サイズ
普通
大きく
PAGETOP