院長コラム

福岡市南区|ふくだ内科循環器・糖尿病内科

メニュー

不整脈:脈の打ち方で分類するなら? 不整脈(心房細動)

自覚症状としては、動悸(どうき)、ふらつき、気分不良などがありますが、全く症状がなく、心電図で診断される事もあります。

まず、症状のある方に対して質問です。自分の不整脈はがどれにあてはまりますか?

 

脈の打ち方で分類する

①脈の打ち方がおかしい『脈が飛ぶ』

②いつもより脈が速い(頻脈)『ドキドキする』

③いつもより脈が遅い(徐脈)

 

 

①期外収縮、心房細動など

②単純に脈が早い(洞性頻脈)場合や心房細動、心房粗動、上室性頻拍症、心室頻拍など

③は単純に脈が少し遅い(洞性徐脈)場合や洞不全症候群、房室ブロックなど

をそれぞれ考えます。いずれも、『症状が軽度でもすぐに治療が必要』なものから全く気にする必要がないものまであります。

お問い合わせ
tel.092-552-1122
診療日カレンダー

受付時間 / 午前 8:30 - 12:30 午後 13:30 - 17:00
休診日 / 日祝祭日・土 午後

〒811-1362 福岡県福岡市南区長住2丁目1-11

アクセスマップ

バスでお越しの方

天神から / 52・55・152番
博多駅から / 64・65・67番
福大病院から / 64番
大橋から / 2番

※長住2丁目バス停 徒歩1分

詳しく見る
文字サイズ
普通
大きく
PAGETOP