院長コラム

福岡市南区|ふくだ内科循環器・糖尿病内科

メニュー

糖尿病:合併症:腎症 合併症

現在、新規で透析導入される方で一番多いのが糖尿病性腎症です。

しっかり治療すれば進行を抑えることが可能ですので、今の自分の腎症がどの段階かを定期的に調べる必要があります。

 

定期的な採血・尿検査で腎症の有無を検索します。

検尿:蛋白尿の有無を調べます。初期の腎症の確認には、微量アルブミン尿の有無を調べます。

採血:腎機能をみる項目として、クレアチニン(Cr) 糸球体濾過量(GFR)シスタチンCがあります。

 

腎症の症状として、 “むくみがでる” “体がだるい”などがありますが、これはかなり“進行しておきる”症状です。

 

糖尿病性腎症病期分類

第1期 (腎症前期)正常アルブミン尿(30 mg/g・Cr未満)

第2期 (早期腎症期)微量アルブミン尿(30~299mg/g・Cr)

第3期 (顕性腎症期)顕性アルブミン尿(300mg/g・Cr 以上) あるいは 持続性蛋白尿(0.5g/gCr以上)


第4期 (腎不全期) GFR(eGFR): 30ml/min/1.73㎡未満

第5期 (透析療法期) 透析療法中

(糖尿病性腎症合同委員会より)

 

 

腎症を予防する治療とは?

医師から腎症について説明をどのようにするでしょうか?例えば

“尿から蛋白がでるようになってます”

“尿から蛋白の前段階である微量アルブミンががでています”

“クレアチニンがあがっています”

“GFRが30しかないですよ”

 

 

いずれの段階でも、治療の前提があります。

1:適切な運動

2:適切な食事  腎臓病の進行に伴い、適正な蛋白やカロリーが変わります。またカリウム制限の話も行います。

3:適切な血糖コントロール

4:適切な血圧コントロール 実は腎臓機能が落ちてくると、血圧コントロールが不良になることが多いです。

その一方で血圧は130/80(家庭血圧125/75)未満で治療することが

腎症増悪の予防に重要です。血圧の治療が非常に重要になります。

ふくだ内科循環器・糖尿病内科

お問い合わせ
tel.092-552-1122
診療日カレンダー

受付時間 / 午前 8:30 - 12:30 午後 13:30 - 17:00
休診日 / 日祝祭日・土 午後

〒811-1362 福岡県福岡市南区長住2丁目1-11

アクセスマップ

バスでお越しの方

天神から / 52・55・152番
博多駅から / 64・65・67番
福大病院から / 64番
大橋から / 2番

※長住2丁目バス停 徒歩1分

詳しく見る
文字サイズ
普通
大きく
PAGETOP