院長コラム

福岡市南区|ふくだ内科循環器・糖尿病内科

メニュー

心不全:体重測定 入浴 心不全

体重

再発予防のために、“毎朝、起きてすぐ”に体重測定をしましょう。

心不全が再発する際に、多くの方の体重は増加します。うまく病気とつきあうには、心不全の増悪がないか自分でセルフチェックしましょう。

 

では、何故昼でなく朝なのでしょうか?実は朝食や朝の水分摂取で体重はかなり変わってしまいます。

食事や水分摂取の影響の少ない朝一番の体重測定が、心不全の状態をみるのに適しています。

 

ふくだ内科循環器・糖尿病内科

 

入浴

状態が安定していれば、入浴は可能です。冬場の脱衣所や風呂場の温度は気にしていますか?

寒暖差は心臓に負担をかけます。脱衣所、風呂場全体を前もって暖めておきましょう。サウナは原則禁止です。

 

具体的には

浴室の温度:寒い状態を避ける。家族が居れば、先に入って頂いた後入るのが浴室内温度があがりよいようです。

1番風呂より2番風呂が良い

浴槽内の水温:39〜41度が望ましい。42度以上の熱い温度は避けること。

浴槽の水深:座った時に肩までつからないよう、湯を溜めすぎない。

心臓に負担をかけにくい半身浴がより好ましい入浴方法です。半身浴+掛け湯(もしくはタオルをかけるの

が)が理想です。

 

*入浴と皮膚トラブルについて

高齢者、利尿剤内服している方の多くは、皮膚が乾燥しています。入浴時に、皮膚を擦りすぎるとトラブルが増えます。ナイロンタオルは気持ち良いですが、皮膚トラブルをおこすことが多いのも事実です。お湯でかなりの汚れが落ちます。それでも汚れが気になるなら、優しく石鹸で洗い、優しくタオルで水分を拭き取ってください。

(2016年10月20日改定)

お問い合わせ
tel.092-552-1122
診療日カレンダー

受付時間 / 午前 8:30 - 12:30 午後 13:30 - 17:00
休診日 / 日祝祭日・土 午後

〒811-1362 福岡県福岡市南区長住2丁目1-11

アクセスマップ

バスでお越しの方

天神から / 52・55・152番
博多駅から / 64・65・67番
福大病院から / 64番
大橋から / 2番

※長住2丁目バス停 徒歩1分

詳しく見る
文字サイズ
普通
大きく
PAGETOP