院長コラム

福岡市南区|ふくだ内科循環器・糖尿病内科

メニュー

認知症 脳・認知症 | 脳卒中

認知症は、高齢化社会の現在で大きな問題のひとつです。
2012年の厚生労働省報告は推定患者数305万人とされています。軽度認知症(MCI:mild cognitive impairment)は別に推定400万人といわれてます。
 昔の認知症は進行した状態で診断されることがほとんどでした。進行している状態とは、既に社会・日常生活に支障でた状態です。
 認知症は色々なタイプがあります。急速に進行する場合もありますが、多くはゆっくりと進行します。はじめは物忘れだけで日常生活に支障はない状態から、徐々に進行します。
家族がおかしいと思った時に、一緒に来院して頂き現状をお話し頂くことも重要です。家族の訴えから診断に至る例は少なくありません。

原因

高血圧、糖尿病、高コレステロール血症、喫 煙があります。高血圧や糖尿病が約50%認知症を増やすとの報告があります。

予防には定期的な運動、余暇活動、活発な精神活動, 認知訓練,適度な飲酒などが言われています。頭を積極的に使う読書やカードゲーム、楽器演奏は予防効果があった報告があります1)

1:Verghese J, et al:Leisure activities and the risk of dementia in the elderly. N Engl J Med 2003;348:2508-2516

お問い合わせ
tel.092-552-1122
診療日カレンダー

受付時間 / 午前 8:30 - 12:30 午後 13:30 - 17:00
休診日 / 日祝祭日・土 午後

〒811-1362 福岡県福岡市南区長住2丁目1-11

アクセスマップ

バスでお越しの方

天神から / 52・55・152番
博多駅から / 64・65・67番
福大病院から / 64番
大橋から / 2番

※長住2丁目バス停 徒歩1分

詳しく見る
文字サイズ
普通
大きく
PAGETOP