院長コラム

福岡市南区|ふくだ内科循環器・糖尿病内科

メニュー

ピロリ菌:除菌 消化管

萎縮性胃炎・胃潰瘍の主な原因はH.ピロリ菌です
 
 
そのため、萎縮性胃炎や胃潰瘍がみつかった際には現在H.ピロリ菌がいるか検査をします。

ピロリの治療は1週間の内服で終わります。抗菌剤を含む内服で除菌が可能です。
 
 
治療適応

萎縮性胃炎・胃潰瘍を内視鏡で診断され、ピロリ菌が見つかれば保険で除菌できます。
 
 
ピロリ菌:除菌のメリット
 
胃癌のリスクを確実に減らせます。将来的には、ピロリ除菌の普及で胃癌が減ることが予想されます。

ただし、除菌しても “リスクが確実に減ります”が、“胃癌のリスクが0になる”とまではいえません。
 
 
#福岡市#消化器

 

お問い合わせ
tel.092-552-1122
診療日カレンダー

受付時間 / 午前 8:30 - 12:30 午後 13:30 - 17:00
休診日 / 日祝祭日・土 午後

〒811-1362 福岡県福岡市南区長住2丁目1-11

アクセスマップ

バスでお越しの方

天神から / 52・55・152番
博多駅から / 64・65・67番
福大病院から / 64番
大橋から / 2番

※長住2丁目バス停 徒歩1分

詳しく見る
文字サイズ
普通
大きく
PAGETOP