院長コラム

福岡市南区|ふくだ内科循環器・糖尿病内科

メニュー

メタボリック症候群の診断基準と腹囲 その他 | その他 | よかドック

腹囲の計測は、メタボリック症候群診断に重要です。腹囲とは “おなかまわり”の大きさです。メジャーで測定してみてください。

測定方法は(1)まず立ちます(2)次に軽く息を吐き、へその高さで測定します。

 

 

メタボリック症候群の定義

腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上の場合でかつ次に示す3つの症状のうち2つ以上該当した場合、メタボリック症候群と診断されます。

1.中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満のいずれかまたは両方

2.血圧が上で130mmHg以上、下で85mmHg以上のいずれかまたは両方

3.空腹時血糖が110mg/dl以上
(日本肥満学会、日本糖尿病学会、日本動脈硬化学会など8学会が合同で公表した「メタボリック症候群の診断基準」より)

 

 

お問い合わせ
tel.092-552-1122
診療日カレンダー

受付時間 / 午前 8:30 - 12:30 午後 13:30 - 17:00
休診日 / 日祝祭日・土 午後

〒811-1362 福岡県福岡市南区長住2丁目1-11

アクセスマップ

バスでお越しの方

天神から / 52・55・152番
博多駅から / 64・65・67番
福大病院から / 64番
大橋から / 2番

※長住2丁目バス停 徒歩1分

詳しく見る
文字サイズ
普通
大きく
PAGETOP