院長コラム

福岡市南区|ふくだ内科循環器・糖尿病内科

メニュー

呼吸器:気管支喘息 呼吸器

大人になってからの喘息

 

気管支喘息を子供の病気だと思っていませんか?大人になってからも喘息になりますし、時に重症化します。

気管支喘息での死亡数は1960年と比較すると、2010年は約80%減少し、入院も減ってます。(厚生省統計情報部「人口動態統計」)。その一方で、高齢になってからの発症や重症例も少なくありません。子供の喘息は自然治癒することが多いですが、大人の喘息はしばらく落ち着いていてもストレス・環境・気候・感染により増悪することも多く、一生つきあって行く必要があります。稀に運動で誘発されます。

 

 

治療
 

発作がでてから病院を受診していませんか?

発作がでてから病院に行くのは得策ではありません。大人の喘息は、『悪くなってから治療する』のではなく、『常に発作のない状態を保つ』のが正しい治療です。すなわち、1の基本を継続することが重要です。

 

 

1病状が落ち着いた時の継続治療

長期管理の治療をコントローラーと呼びます。 以下の薬剤が代表です。これを継続することで、発作のない状態をが保てます。季節の変わり目や、気管支炎をきっかけに気管支喘息がひどくなった経験はありませんか?症状が落ち着いている時にも継続治療が増悪を大きく減らします。落ち着いている時には、処方を減量します。

吸入ステロイド剤(フルタイド)を基本として

長時間作用性β2刺激薬

ロイコトリエン拮抗薬

抗アレルギー剤

テオフィリン徐放製剤 、漢方など

2発作が出たときの治療

発作を鎮めるための治療(発作治療薬)

短時間作用性β2刺激薬 (メプチン、ベネトリン)

お問い合わせ
tel.092-552-1122
診療日カレンダー

受付時間 / 午前 8:30 - 12:30 午後 13:30 - 17:00
休診日 / 日祝祭日・土 午後

〒811-1362 福岡県福岡市南区長住2丁目1-11

アクセスマップ

バスでお越しの方

天神から / 52・55・152番
博多駅から / 64・65・67番
福大病院から / 64番
大橋から / 2番

※長住2丁目バス停 徒歩1分

詳しく見る
文字サイズ
普通
大きく
PAGETOP