院長コラム

福岡市南区|ふくだ内科循環器・糖尿病内科

メニュー

メタボで何が悪いのでしょうか? その他 | その他 | よかドック

メタボリック症候群に関する話題は健康診断時に聞くことも多いと思います。

 

内臓脂肪や生活習慣病に非常に関連が強く、「内臓脂肪型肥満から脂質代謝異常、糖代謝異常、血圧異常などを来している状態」です。

メタボリック(Metabolic)とは「代謝」の意味でが、この代謝異常を略して“メタボ”と呼ばれているようです。メタボリック症候群がある方はない方と比較して、2型糖尿病、心血管疾患の発病リスクを増やします。[1,2]5-10%の体重減少で新規糖尿病発症が抑制できると報告があり[2]、積極的な内臓脂肪の減量が勧められます。メタボリック症候群の治療目標は2型糖尿病と心血管疾患の予防なのです。

特定健診・特定保険指導での予防医学の実践の意義として、内臓脂肪の減少を目的としていますので、診断された際には、積極的に生活習慣を改善し、病気を未然に防ぎましょう。

 

 まとめ:メタボリック症候群は
✔️ 2型糖尿病、心血管疾患の予備軍である
✔️ 内蔵脂肪を減らすことで、病気を予防できる

1Meigs JB, Rutter MK, Sullivan LM, Fox CS, D'Agostino RB, Sr., Wilson PW. Impact of insulin resistance on risk of type 2 diabetes and cardiovascular disease in people with metabolic syndrome. Diabetes Care 2007;30:1219-25.

2Ilanne-Parikka P, Eriksson JG, Lindstrom J, et al. Effect of lifestyle  intervention on the occurrence of metabolic syndrome and its components in the Finnish Diabetes Prevention Study. Diabetes Care 2008;31:805-7.

お問い合わせ
tel.092-552-1122
診療日カレンダー

受付時間 / 午前 8:30 - 12:30 午後 13:30 - 17:00
休診日 / 日祝祭日・土 午後

〒811-1362 福岡県福岡市南区長住2丁目1-11

アクセスマップ

バスでお越しの方

天神から / 52・55・152番
博多駅から / 64・65・67番
福大病院から / 64番
大橋から / 2番

※長住2丁目バス停 徒歩1分

詳しく見る
文字サイズ
普通
大きく
PAGETOP