院長コラム

福岡市南区|ふくだ内科循環器・糖尿病内科

メニュー

糖尿病:HbA1c  検査 | 血管合併症

スライド1

糖尿病と診断されたら、HbA1cを知ることが重要です。
 
HbA1cは、過去1-2ヶ月の平均血糖を反映します。糖尿病のコントロール状態を示す指標です。目標設定は必ず主治医とともに目標を決めていきます。低血糖のでない最良のHbA1c値を設定した上で、HbA1cを定期的に調べ治療にあたります。
 
 

目標HbA1c 7%未満は世界共通

                                  
 
HbA1c7%未満を維持することで、7%以上が続く場合と比較して将来の3大合併症や心臓血管合併症を減らすことにつながります。
 
 

目標HbA1c  6%未満に設定できる人

                                  
 
低血糖のない糖尿病治療ができるなら、可能な限り6%未満を目指すべきです。具体的には、内服治療していない糖尿病患者や、低血糖の可能性が低い薬剤のみで治療されている方があてはまります。慢性の高血糖は、長い目で見ると膵臓β細胞からのインスリン分泌を枯渇させます。同じ食事・運動であっても、段階的に血糖コントロールが悪くなること経験します。高血糖を避けることは、将来(例えば5年10年後の)膵臓分泌も維持することにつながります。
 
HbA1cが6%台の人が健常者と一番の違うのは、食後血糖であることがほとんどです。食後高血糖になります。空腹時血糖は正常ですが、食後にインスリンの相対的な不足により高血糖をおこします。食後血糖は動脈硬化を引き起こしやすいことが知られています。食後高血糖の改善は将来の心臓血管合併症を減らします。

HbA1cの落とし穴

HbA1cは非常にわかりやすい検査ですが、やはり全てではありません。
 
HbA1cは、貧血であったり、貧血の治療中ではあてにならないことが多く、注意が必要です。
 
また、肝硬変の病態も赤血球寿命が短縮しHbA1c低めに出ます。HbA1cがあてにならない時はGA(グルコアルブミン)、1,5A-Gなどの他の指標もしくは随時血糖で評価を行います。

その他:HbA1cについて

*HbA1c6.5%は空腹時血糖126mg/dl、及びOGTT2時間値200mg/dlにほぼ対応するといわれています。
V
*糖尿病性合併症の一つ網膜症は、HbA1cの上昇に伴い増加します。HbA1c5%未満から順に見ていくと、HbA1c6.5〜6.9%から糖尿病性網膜症発症率が高率となることが明らかになっています。これがHbA1c6.5%以上が糖尿病型を示す根拠にもなっています。
 
*糖尿病の診断はHbA1cだけでは不十分です。空腹時血糖126mg/dl 、随時血糖もしくはOGTT2時間値200mg/dl以上の要件が必要です。
 
*糖尿病の診断や治療は、専門医で行うことが今後を考えるうえで重要です。
 
ふくだ内科循環器・糖尿病内科は、福岡市南区長住にあります。糖尿病専門医による治療を通して、安心して豊かな生活を送るお手伝いをします。

お問い合わせ
tel.092-552-1122
診療日カレンダー

受付時間 / 午前 8:30 - 12:30 午後 13:30 - 17:00
休診日 / 日祝祭日・土 午後

〒811-1362 福岡県福岡市南区長住2丁目1-11

アクセスマップ

バスでお越しの方

天神から / 52・55・152番
博多駅から / 64・65・67番
福大病院から / 64番
大橋から / 2番

※長住2丁目バス停 徒歩1分

詳しく見る
文字サイズ
普通
大きく
PAGETOP