院長コラム

福岡市南区|ふくだ内科循環器・糖尿病内科

メニュー

糖尿病目次: 痩せていてもなる病気です 正しい知識があなたを守ります 知るべきこと

 

糖尿病 目次   

検査  HbA1c・血糖

合併症 総論・腎症・網膜症

血管合併症  脳卒中・無痛性心筋虚血・狭心症・動脈硬化

食後高血糖・糖尿病予備軍

フットケア・足病変  足の診察・足は第2の心臓

癌検査の必要 悪性腫瘍

インスリン治療

よくある質問

 

 

  糖尿病は、痩せていてもなる病気です。日本人のインスリン分泌は多くない 

 

健康診断の結果をみて、このページをご覧になる人もおられると思います。

健康的な生活を送っていても糖尿病は発症することを知ってください。確かに、 肥満や暴飲暴食は糖尿病のリスクを増やします。しかし、痩せた糖尿病患者が珍しくないことを是非知って下さい。
肥満、痩せに関わらず、定期的な検査(最近はよかドック、特定健診でHbA1cや血糖が項目にはいっています)があなたを守ります。糖尿病発症や合併症から守り、楽しく生活を続けるために検査を受けてください。

 

  何よりも大切なのは、正しく病気を知ること

  糖尿病専門医は、正しい知識を提供します

 

国際糖尿病連合(IDF)は、糖尿病有病者数が 3億8,200万人(有病率 8.3%・2013年時点)と報告しています。有効な対策を施さないと、2030年までに5億9,200万まで増加すると予測しています。

日本でも生活習慣の急速な欧米化により、糖尿病患者数は今後も増え続けていくと推定されます。糖尿病はやせた方でも発症しますし、食事療法を正しく行っていても悪くなることがあります。

また医療者側が正しく糖尿病の理解をしていないと、患者は糖尿病とうまくつきあうことができません。正しい知識と治療を提供していくのが糖尿病専門医の使命です。

 

  「糖尿病が恐い」イメージは、合併症によるもの

  合併症を防ぐには、早期発見・早期治療

「糖尿病が恐い」のは、合併症によるものです。糖尿病を早期から診断し、正しい知識を得ることで、確実に合併症(目・腎臓・神経の障害)が減ります。

ふくだ内科循環器・糖尿病内科は、福岡市南区長住にあります。野間大池から徒歩5分です。

循環器・糖尿病の専門医による治療を通して、安心して豊かな生活を送るお手伝いをします。

(改訂2016年5月24日)

 

 

お問い合わせ
tel.092-552-1122
診療日カレンダー

受付時間 / 午前 8:30 - 12:30 午後 13:30 - 17:00
休診日 / 日祝祭日・土 午後

〒811-1362 福岡県福岡市南区長住2丁目1-11

アクセスマップ

バスでお越しの方

天神から / 52・55・152番
博多駅から / 64・65・67番
福大病院から / 64番
大橋から / 2番

※長住2丁目バス停 徒歩1分

詳しく見る
文字サイズ
普通
大きく
PAGETOP