院長コラム

福岡市南区|ふくだ内科循環器・糖尿病内科

メニュー

循環器のコラム一覧Division of Cardiology

心筋梗塞 治療後に欠かせない薬 (内服薬)

①②③は心筋梗塞の3種の神器です。②はコレステロールが正常であっても、③は血圧が少し低くても自己中断しないでください。内服することで寿命が確実に延びることが医学的に明らかになっています。

足の診察

病院で、足先まで診察する医師は多くありません。また、靴下を脱いでの診察に抵抗がある方も多いです。 ただ足の診察で、甲状腺機能低下症、むくみ(浮腫)、静脈瘤、外反母趾など多くのことがわかります。一緒に足をチェックしましょう […]

高血圧4:収縮期血圧110mmHgは至適血圧。決して低くない

一人一人に“適正”な血圧は違います。目標血圧は年齢や病気などの背景によって変わります。“自分の”目標血圧は主治医としっかりと相談する必要があります。下の記載は、50歳で合併症がない人にむけて記載したものです。 Q: “今 […]

閉塞性動脈硬化症1

足のしびれ、下肢のだるさを諦めてませんか 動脈硬化の病気で最近増加しているのが足の血管の動脈硬化です。最近ではASO、PADとも呼ばれます。歩くとふくらはぎがだるくなるの症状が実は動脈硬化かも知れません。また、早期の診断 […]

閉塞性動脈硬化症2

症状 4つに分類され、1度は軽症ですが、3度4度は重症ですぐに治療が必要です 冷えや、しびれから重症化すると足の壊疽をおこします。1度2度は自分で病気と考えず、相談されない場合が多いです。この時期は、歩くと痛いが、立ち止 […]

脳梗塞を疑ったときの対応

  FAST →目手口の3つが重要です。 FACE 顔 ARM 腕 Speech ことば Time 時間 顔、腕、ことば一つでも異常があれば迷わず救急車(119番)です。早期に搬入できるかで、後遺症が劇的に減る […]

脳梗塞

元気な人が、突然介護が必要になる   脳の血管がつまることで、大きく生活が変わる可能性があります。   具体的には介護です。家族を大きく巻き込まざるをえないことも多いようです。我々は、脳梗塞にならない […]

心不全:治療

「原因をみつけ、原因に対して治療をする」ことです。原因によって治療が異なります。 薬(内服薬) 利尿剤: 体の余分な水分(浮腫)をとります。余分な水分をとるために、必要最小限使います。 ラシックス(フロセミド)アルダクト […]

心不全:どういう状態?

  心臓は血液を送りだす“ポンプ”です。心不全は、“ポンプ”が“不全”、言い換えると、“ポンプ機能が落ちている”という漠然とした概念です。 知っておいてほしいことが沢山ありますが、病院で一度説明を受けただけでは […]

心不全:運動・禁煙

運動   以下の対象において、適度な運動を繰り返すことで運動能が上がり生活の質を上げることが可能です。 対象:病状が安定している慢性心不全患者です。症状が増悪している際には中止して主治医に相談してください。 & […]

お問い合わせ
tel.092-552-1122
診療日カレンダー

受付時間 / 午前 8:30 - 12:30 午後 14:00 - 17:00
※完全予約制
休診日 / 日祝祭日・木曜午後・土曜午後

〒811-1362 福岡県福岡市南区長住2丁目1-11

アクセスマップ

バスでお越しの方

天神から / 52・55・152番
博多駅から / 64・65・67番
福大病院から / 64番
大橋から / 2番

※長住2丁目バス停 徒歩1分

詳しく見る
文字サイズ
普通
大きく
PAGETOP